外国人アルバイト生を即戦力に!知って得する情報

PC操作

ESとCSのアンバランス

顧客満足度を上げるには、従業員満足度を上昇させる必要があります。ESとCSには密接な関係があることが分かってきましたが、この二者間には、アンバランスな状態が起こります。その主な理由は、ESが上昇しても、CSに波及するまで時間が掛かること、また、反対の事例では、社員の労働環境の悪化が挙げられます。

詳しく見る

男性

教育から派遣まで

人手不足で、従業員を確保できない中小企業を中心に、外国人アルバイトに頼る会社も出てきています。こうした外国人の雇用をする際には、さまざまな準備する必要がありますが、管理が大変になります。そこで、すべてを業者に任せてしまうという方法があり、一定の手数料を払うだけで利用することができます。

詳しく見る

女性

企業にとって重要なES

従業員満足度調査は従業員が業務や人事、給与等にどの程度満足しているか調査するもので、近年は多くの企業で導入しています。この調査を行う事で経営課題やマネジメントの問題が明確になり、優秀な人材の流出防止にもつながります。導入にあたっては初期費用と調査費用がかかりますが、導入する意義は高いと言えます。

詳しく見る

女性

日本のお店

外国人が日本でアルバイトをする際には、まず研修が行われます。主に飲食店での需要が高いですが、ミスがあるかもしれないので最初の頃は見守りましょう。日本人の補助が重要となります。

詳しく見る

アンケート

質の高い企業活動とは

各企業では、「従業員満足度」に着目し、優秀な人材の確保と定着を図り、企業基盤を固めることが必要です。そうすることで、事業継続性は高まり、他社との明確な差別化を図ることに繋げられます。更に、従業員満足度を高めると、業績向上だけでなく、相乗効果として、顧客満足度を高めることも出来ます。

詳しく見る

人手不足とその対策

男女

接客マナーと研修

飲食店や販売店などにおいては、人手不足が深刻な状況となっている。近年では、時給を上げても人手が集まらず、店舗運営に支障が生じる状況になってきている。それらを解消する手段としてあるのが、外国人アルバイトの活用である。海外からの留学生など、外国人がアルバイトとして働きたいと思っている人も多い。これらの外国人アルバイトを取り入れることで、人手不足の解消に繋げている企業も多くなっている。外国人アルバイトを活用する場合には、ポイントとなることがある。接客業として外国人アルバイトを活用する場合には、必要最低限の言葉が話せるということが重要である。お客とのコミュニケーションに支障があると、お店のイメージなどに影響する影響があるため、言語力の確認は必要になる。工場など、裏方で働く人材確保で外国人アルバイトを活用する場合には、社員間のコミュニケーションなど最小限の言語能力で良いケースもある。また、接客業で外国人アルバイトを活用する場合には、事前の研修などを通して対応の仕方を十分に教えることも重要になる。海外では日本のお店などに比べ、接客に力を入れていないことが多く、国による接客の仕方の違いがある。しかし、日本では十分な接客が行われることが当然の状況になっている。その為、外国人アルバイトを活用する際には、接客の仕方や、マナーなどを研修を通して学ばせる必要がある。それらを行うことで、十分な戦力として活用可能になる。