外国人アルバイト生を即戦力に!知って得する情報

企業にとって重要なES

女性

経営課題として考える

近年ESと呼ばれる従業員満足は企業活動に大きな影響を及ぼすといわれています。ただし従業員がどの程度満足しているのか、何を考えているのかは実際にわかりませんので、従業員満足度調査が行われるようになってきました。従業員満足度調査は従業員が現在の業務内容は社内コミュニケーション、さらには給与等の待遇、会社の経営方針や人事制度等においてどの程度満足しているかを図ります。この従業員満足度は従業員のやる気や貢献、意欲と密接に結びついているといわれており、この数値が高いと優秀な社員と言われます。またこの数値が高いと会社を退職する事なく、幹部社員として上り詰めるケースが多くあります。逆に数値が低い社員は退職をしてしまう傾向にあり、さらに企業として全体的な数値が低いと企業の業績向上が難しく、離職率が高い等、経営課題として捉える必要があります。またマネジメントの課題や現場の問題なども把握する事が出来ます。このような従業員満足度調査は単年だけでなく、継続的に行う事で数値の推移をみる事が出来るので効果があると言えます。近年は導入している企業が多数あり、評判は良い調査ですが、導入にあたっては満足度調査を行う専門会社に依頼する方法と、企業の経営課題とセットで提案するコンサルティング会社に依頼する方法があります。費用は初期費用で5万から100万円、調査費用で10万円から200万円程度と幅広く、専門会社の方がネット等の活用により費用は安くなりますが、コンサルティング会社は課題解決も提案してもらえますが、企業にとっては人材流出防止等の効果を考えると導入する意義は高いと言えます。