外国人アルバイト生を即戦力に!知って得する情報

ESとCSのアンバランス

PC操作

業務改善の必要性

従業員満足度(ES)という言葉は、顧客満足(CS)という言葉とセットで使用されることが多くなりました。従業員満足度が向上することにより、社員は高いモチベーションで仕事に臨むようになり、パフォーマンスもアップして、結果として会社の業績も伸びるとされています。しかしながら、現場では、従業員満足度と顧客満足度とのアンバランスが生じることが多々あります。従業員満足度を上昇させることに成功しても、それが顧客満足度に反映されるまでには時間が掛かります。また、反対に、顧客満足度が高いのに、従業員満足度が低いという場合もあります。こちらは少々危機的状況です。顧客満足度の高い企業は、経営におけるヒト・カネ・モノ・情報が機能していたことの結果とも言えます。しかし、その中のヒトの待遇が問題を起こし、機能不全となる危険性をもはらんでいるのです。物が売れているのに、従業員満足度が低いとなれば、遅かれ早かれ業績に大きく影響します。そのような事態を避けるためにも、コンサルによる業務改善の骨子作りは重要になります。従業員一人一人が生き生きと働くための環境作りを怠れば、取り返しのつかないことになってしまいます。そのためにも、社内コミュニケーションは大事な存在となります。人と人が力を合わせることで、10の力が100にも1000にも跳ね上がるのです。企業は、モノ、カネよりも人で動くということを第一に考えることが求められるのです。